『タクドラたみ』

『年収300万円『米国株投資』で老後資金2,000万円に挑戦!と時々『新潟お出かけ散歩』『ベランダ菜園』

『資産形成で、ベストな投資信託4選(2022年8月版)』

f:id:tihouno-takudora:20220220154210j:plain

2022年8月現在、資産運用ベストな投資信託「4選」

 

米国派

 

● SBI・V・S&P500インデックスファンド

 (手数料:0.0938%/年)

 

● eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 (手数料:0.0968%/年)

 

 

全世界派

 

● SBI・V・全世界株式インデックスファンド

 (手数料:0.0938%/年)

 

● eMAXIS Slim 全世界株式

 (オールカントリー)(愛称:オルカン)

 (手数料:0.1144%/年)

 

 

こんにちは!タクドラたみです♪

 

多くの人は、株式投資で、老後などに向け資産作りをしなければなりません。

 

しかし、投資信託など、何を選んだらいいのかは、本当に難しいですよね。

 

私の場合、約2年位、よく分からなく、テキトーに運用していました。

 

今、思えば、もったいなかったです。

 

そんな思いを込め、今回は、主に20代~30代で、これから、資産形成を始めようと考えている方に向けて、今現在、私が考える、ベストな投資信託を紹介します。

 

もちろん、40代以上で、これから老後資金を作っていきたいと考えている場合も、今回紹介する投資信託は、有効と思います。

 

米国株と全世界株を、紹介しましたが、どちらがいいのかは、甲乙つけがたいです。

ぶっちゃけ、好みの問題と思います。

強いて言うなら、米国株の方が、やや攻撃的かと思います。

 

SBI・V・シリーズも、eMAXIS Slimも、値動きは誤差レベルです。

手数料は、SBI・V・シリーズの方が、わずかながら安いです。

 

とは言え、SBI・V・シリーズは、ファンド設立から、まだ、歴史が浅いです。

隠れコストや、指数との乖離率含め、今後は、長期的なトータルリターンで、それぞれのファンドの比較が必要だと思います。

 

何本投資を買えばいいのか?

 

については、正直、1本でO.K.と、私は思ってます。

 

運用成績は、どのアセット(資産)に投資するのかで、90%以上、決まります。

アセットとは、債券、株式、リートなどの資産クラスのことです。

株式100%の運用で、トリッキーな銘柄選定などをしなければ、運用成績は、ほぼ変わりません。

投資信託の選び方


① コスト

手数料(コスト)ほ、安い方がいいです。

年間で税引後、4~5%のリターンが、出せれば上出来なのに、手数料を2~3%も取るようなファンドもあるので要注意です。

f:id:tihouno-takudora:20220320134722p:plain

 

② 目標の指数(インデックス)との乖離率

目標にしている指数を、投資信託の目論見書(説明書)では、ベンチマークと言っています。

米国を代表する「S&P500」や「日経平均株価」などの、ベンチマークからズレ(乖離率)が少ない方が信頼できる優秀なファンドです。

 

③ 純資産残高

ファンド自体が売れなく、資産が集まらなければ、途中でファンドの解散(お金は返ってきますがファンドがなくなる)になるおそれがあります。

そもそも、人気のないファンドはイマイチですよね。

 

④ 信託期間

資産形成は、長期運用なので、無期限のものを選びます。

今回紹介している4つの投資信託は、いずれも①~④の条件をクリアしている優良なファンドです。

ご安心ください。

 

証券会社について

私は、現段階で、投資信託の運用は、

『SBI証券』

『マネックス証券』

『楽天証券』

を、おすすめしています。

より優良なファンドを取り扱っているかどうかが、証券会社を選ぶポイント。

クレカ投信などの、ポイントも大切ですが、私は、おまけのキャンペーンと考えています。

ベストな投資信託には、入れませんでしたが、すでに楽天証券で人気の「楽天VTI」や「楽天VT」などを積立ててるのなら、そもまま積立を継続し、あえて証券会社を乗り換える必要はないかと思います。

しかし、年間の購入上限枠(40万円)のある「つみたてNISA」以外で積み立ててるファンドなら、今回紹介した、4本のファンドのいずれかに乗り換えるのは、有効とも思います。

 

と言いつつ、私は、SBI証券、マネックス証券、楽天証券、全てで投資信託を運用しています。

さらに言うと、そろばん世代の私は「つみたてNISA」と「iDeCo」を、ネット証券で運用する自信がないので、大和証券を使ってます(苦笑)。

 

おすすめの証券会社

『SBI証券』『マネックス証券』の

⇩口座開設はこちらから⇩

SBI証券

マネックス証券_投信つみたて

 

まとめ

引退(老後)が見えている方などは、守りの資産運用として、債券を組み入れるのは有効と思いますが、

これから、積極的に、資産を増やす段階の人の場合は、基本、リスクを取り、株式100%がいいでしょう。

なぜなら、その方が資産の最大化の可能性が広がるからです。

投資先は、米国株派と全世界株派が、いらっしゃるでしょう。

そこは、お好みでいいと思います。

米国と全世界の配分を、1:1や、2:1で、割り振ってもいいと思います。

因みに、私は、10:1くらいで、米国派です。

 

f:id:tihouno-takudora:20220129145630j:plain

 

【過去の参考記事】

 

最後に

 

・最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。

 

・『資産形成で、ベストな投資信託』について、参考になったでしょうか?

 

・今後も、定期的に、内容を最新のものにアップデートしながら、リライト更新する予定です。

 

・老後など、豊かな未来のために、これからも、共に学んでいきましょう!

 

・そして、この記事が、少しでも、読まれた方の、お役に立てれば嬉しいです。

 

・質問、感想、ご意見、ご要望、そして、批評(酷評歓迎です)などあれば、コメントお願い致します。

 

(本記事は、2022年3月20日の記事を、リライト更新したものです。)

 

【「資産形成」の考え方について参考になる、おすすめの良書です】

 

【「Twitterもしています】

(いいねとフォロー、お願いします!)

タクドラたみ@米国株などで老後資金2,000万円に挑戦中 (@DanntiTami) | Twitter

twitter.com

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村


米国株ランキング