『タクドラたみ』

『年収300万円『米国株投資』で老後資金2,000万円に挑戦!と時々『新潟お出かけ散歩』『ベランダ菜園』

『資産運用の「コア・サテライト戦略」って何?』

f:id:tihouno-takudora:20210923125140j:plain

こんにちは!タクドラたみです♪

みなさんは『コア・サテライト戦略』をご存知でしょうか?

コア・サテライト戦略とは

「コア・サテライト戦略」とは運用する資産を「コア」と「サテライト」に分け、バランスの良い資産運用を行うという考え方です。

f:id:tihouno-takudora:20210923132855j:plain

nextfunds.jp より

上の図のように「コア(中核)」では「守りの資産運用」を行います。

「サテライト(衛星)」では「攻めの資産運用」を行います。

例えば、コアでは「債券やバランスファンド」のようなリスクを抑え「長期・積立・分散」といった資産運用を行います。

サテライトでは「個別株やリート」のような、比較的にリスクの高い資産運用することです。

コアとサテライトの捉え方

f:id:tihouno-takudora:20210923134919j:plain

shinkin.co.jp より

上の図は、あくまでもイメージなので、米国の個別株でも、私が永久保有銘柄として保有している「コカ・コーラ」や「P&G」のような、50年以上連続増配している「配当王」銘柄は、コア銘柄に分類されると思います。

しかし「コカ・コーラ」や「P&G」などでも、信用取引などでレバレッジを使った投資であれば、サテライト銘柄に分類されるでしょう。

つまり、投資している銘柄で「コア銘柄」や「サテライト銘柄」と分類するものではありません。

投資手法などにも左右されますが、人によって投資の「コア」や「サテライト」は、変わってきます。

コア・サテライト戦略の考え方

f:id:tihouno-takudora:20210923142254j:plain

wealthnavi.com より

「コア・サテライト戦略」の考え方は、上の図のようになります。

投資と言えば、短期的に売買を繰り返し、資産を増やしていくというイメージが強いです。

しかし、この投資手法は「コア・サテライト戦略」の考え方では「サテライト」の部分です。

長期・積立・分散投資は、あまり手数をかけない「退屈な投資」とも言えます。

一方、デイトレードなどの短期投資やレバレッジを使った投資は、手数が多くなり、相場全体があまり動かなくても、損益が大きく出ることがあります。

だから、ニュース記事、雑誌、SNSなどでは「サテライト投資」の方が目立ちます。

それゆえ、多くの人にとって、投資というものが短期投資のイメージかが強くなるのかも知れません。

コアとサテライトの比率

「コア・サテライト戦略」の「投資比率」は、目安は

「コア:サテライト」=「8:2

と言われていますが、「9:1」から「7:3」くらいでいいでしょう。

もちろん「コア:サテライト」比率が「10:0」で、100%コア銘柄の投資もいいと思います。

しかし「そんな退屈な投資だけでは、つまらない」と感じる方も少なくないでしょう。

私自身、100%コア投資だけだと、ストレスを抱えてしまいます。

お金や時間の使い方で、浪費(楽しみ)がゼロというのは、いささか窮屈に感じる人も少なくないのではないでしょうか。

投資も、お金や時間と同様、楽しみがあることで気持ちにバランスが取れると思いまし「攻めの投資」をすることで、バランスを取るというのが「コアサテライト戦略」のポイントとも言われています。

コア戦略の考え方

株など、タイミングを見計らって、値を下げた時に買い、値を上げた時に売り、勝ち続けていくことは、最新の情報を持ち、並外れた知識を持つ、プロのファンドマネージャーでさえ難しいと言われています。

コア戦略のポイントは、長期目線で、世界の人口が増えたり、生活をより快適にしたいという経済活動などにより、株が成長(値上がり)していくだろうと考え方に基づき、長期で見ると、資産が成長していく可能性が高いものに投資し、保有し続けることです。

これが「長期・積立・分散」によるリターンを狙う「コア投資」の手法です。

コア戦略の例

あくまでも一つの例ですが、

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」

という投資信託の基本資産割合です。

f:id:tihouno-takudora:20210923154630j:plain

info.monex.co.jp より

このファンドは、8つの資産を、文字通り単純に分けただけですが、

「株式・債券・リート」そして「世界中に」幅広く分散投資されています。

どの国のどの企業が成長するのかなどを、正確に当てることは難しいですが、全体として、経済が発展していくだろうという考え方に基づいているのが分かります。

f:id:tihouno-takudora:20210923124803j:plain

最後に

今回も、最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます

・「コア・サテライト戦略」は、私も実践していて「コア銘柄」と「サテライト銘柄」は別物として捉えて運用しています。

・投資は、チャートや最新のニュースを見聞きして、売買を繰り返すものだけではありません。

・今回の記事が「コア・サテライト戦略」の考え方も含め、少しでも参考になれば嬉しいです。

・質問、感想、ご意見、ご要望、そして、批評(酷評歓迎です)などあれば、はてなブログやTwitterなどで、コメントお願いします。 

【過去の参考記事】

 

よければポチッとお願いします。

励みになります!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村