『タクドラたみ』

『年収300万円『米国株投資』で老後資金2,000万円に挑戦!と時々『新潟お出かけ散歩』『ベランダ菜園』

「ドルコスト平均法」って何?メリット5選、デメリット5選

f:id:tihouno-takudora:20220220154210j:plain

こんにちは!タクドラたみです♪

「株って、安い時に買い、高くなったら売り、その差額で儲けるもの。」

と、簡単に言われても、それが難しいのですよね。
私なんかは、それが出来なくて苦労しています。
そして、これから投資を始めようと考えているものの「今、株価が下がってるから」とか「今は株価が高いから」という理由で、なかなか始めるタイミングをつかめない方も、いるのではないでしょうか?
そんな、私たちの強い見方が「ドルコスト平均法」です!

【目次】

ドルコスト平均法とは?

「ドルコスト平均法」とは、米国で「dollar cost averaging」呼ばれ『米国のお金「ドル」で「コスト(資金)」を「平均(均等)」に運用する方法』という言葉です。

つまり「定額積立」という意味です。

日本なら「円コスト平均法⁉」と呼ぶ方が分かりやすかったかもしれませんね。

ドルコスト平均法の効果

「ドルコスト平均法」は、毎月1万円ずつなど一定額、定期的に「同じ銘柄」を買い続ける、株式などの「資産運用方法」です。

株価が、高くても、安くても、毎月定期的に買うことで、価格変動の影響を少なくする「時間分散」の考え方に基づいています。

では、具体例で見ていきましょう!

例にあげる「定量積立」も「ドルコスト平均法」の「定額積立」も「時間分散」をした投資法ですが、その違いがポイントになります。

(1)は、毎月同じ株数を購入する「定量積立」です。

(2)は「ドルコスト平均法」による「定額積立」です。

f:id:tihouno-takudora:20220220163947p:plain

4ヶ月、積立した結果です。どちらも、合計で、同じ40,000万円投資しました。

(1)の「定額積立」は、40株購入できたのに対し、

(2)の「ドルコスト平均法」は、46.7株購入できました。

f:id:tihouno-takudora:20220220161501p:plain

「平均購入単価」も、1,000円に対し、856円と安くなりました。

買うなら安い方がいいですよね!

「ドルコスト平均法」は、株価が高い時に少ない株数しか買わず、安い時に多くの株が購入できるので、1株あたりの平均購入単価が安くなりやすいです。

積立開始時期になどより、必ずしも上の表のようにはなりませんが、長期的に右肩上がりの銘柄だと、利益を出しやすいです。

とは言え、永遠に下がり続ける銘柄をつかんでしまうと、損失は避けられません。

長期的に、右肩上がりになると信じられる銘柄を、しっかり選択していきたいですね。

「ドルコスト平均法」は投資信託で行うと、とても継続しやすいです。

クレジットカードを使いポイントをもらうお得な「クレカ投信」を使うのもいいですね。

また「つみたてNISA」「iDeCo」での運用は、節税メリットもあるので、さらに、いいと思います。

注)「定量積立」の中には「バリュー平均法」という投資法があります。この投資法は、投資資金に余裕がないと、継続が困難ですが、メリットもあり、いい投資法のひとつです。興味ある方は、是非、調べてみてください。

f:id:tihouno-takudora:20220221005244j:plain

ドルコスト平均法のメリット5選

f:id:tihouno-takudora:20220221002447p:plain

ドルコスト平均法のデメリット5選

f:id:tihouno-takudora:20220221002544p:plain

最後に

・今回も、最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

・「ドルコスト平均法」について、いくらか、ご理解できたでしょうか?

・この記事が、少しでも、読まれた方の参考になれば嬉しいです。

・質問、感想、ご意見、ご要望、そして、批評(酷評歓迎です)などあれば、はてなブログやTwitterで、コメントお願い致します。

・この記事は、2021年10月に書いたものをリライトしたものです。

【過去の参考記事】

よければポチッとお願いします!

励みになります!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 

『タクドラたみの新潟お出かけ散歩』 - 『タクドラたみ』も頑張ってます!こちらは、お金と違う意味で、人生を豊かにしています(^^♪

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村