『タクドラたみ』

『年収300万円『米国株投資』で老後資金2,000万円に挑戦!と時々『新潟お出かけ散歩』『ベランダ菜園』

2022年10月末「つみたてNISA」&「iDeCo」運用実績

f:id:tihouno-takudora:20211203012744j:plain

 

こんには!タクドラたみです♪

 

今回は、私の株式投資の内、2022年10月末「つみたてNISA」と「iDeCo」の投資実績です。

 

現状の株式市場の概況や、積み立て投資の本質についても触れています。

 

市場の概況から

 

現状、米国株式は下落中で、ドル円の為替は円安トレンドです。

 

先日11月のFOMCが行われました。

その結果、今回は、市場の予測通り、0.75%の利上げとなりましたが、12月は0.5%と、利上げペースが弱まるという見方が、強くなりました。

しかし「ターミナルレート(利上げの終着点)」は、引き上げられ、5%を超える、予測が強くなりました。

それにより、株価は急落しているという状況です。

 

また、米国の利上げ終着点が、見え始めたことや、日銀の為替介入などで、ドル/円の為替は一進一退です。

 

「S&P500」は、上位組み入れ銘柄の「GAFAM」が決算発表以降、揃って下落しました。

とは言え、好決算を発表している企業は多く、一握りの優良個別株は、株価を上昇させているといった状況です。

 

そんな状況ですが、プロの投資家ではない、私たち個人投資家にとっての最適解のひとつは、愚直に、ドルコスト平均法で、優良なインデックスファンドに、積み立て投資を継続することと考えています。

 

とは言うものの、この下落トレンドでは、それが、とても難しいですが…。

 

だからこそ、投資の勉強が必要!というのが、私の考えです。

 

先月の積み立て

 

つみたてNISA

・積立額  → 33,333円

・積立銘柄 →「iFreeS&P500インデックスファンド」

・手数料  → 0.2475%

 

iDeCo

・積立額  → 23,000円

・積立銘柄 →「ダイワつみたて外国株式」

・手数料  → 0.154%

私は、全世界株派ではなく、米国株派ですが、未来のことは分からないので、併用型で積立てています。

現状『つみたてNISA』は「米国株(S&P500)」で、

『iDeCo』は「海外株式」です。

 

つみたてNISA,iDeCo,投資方針

時間をかけない

手数料を安くする

●老後まで、満額積み立ての継続

つみたてNISA

 ➡ S&P500インデックス1銘柄のみ積立て

iDeCo

 ➡全世界株式インデックス1銘柄のみ積立て

●過去に積み立てた、S&P500以外の「つみたてNISA」の、投資信託は売らない

(つみたてNISAは、スイッチングができないため)

極度のネット音痴の私は、大和証券で運用しています。

困った時のface to faceが可能な窓口がある証券会社の割には安いです。

ですが、ネットリテラシーの高い、みなさまの場合、ネット証券がいいと思います。

 

つみたてNISA + iDeCo 運用実績

 

つみたてNISA + iDeCo

10月末の口座残高 2,463,549円

前月比 +236,571円

10月の運用益 +180,238円
(積み立てた56,333円を差し引き算出)

10月の損益率 +9.22
(10月運用益/累計積立額)

この記事のポイント

 

今月は、9%以上のプラスでした。

とは言え、長期投資です。

現状の含み益は、問題ではありません!

 

資産の取り崩し期に、どうなっているのかが重要です。


また、10月の含み益は、大きく伸びましたが、依然、円安ではあるものの、米国株は低迷中です。

 

多少なりとも、投資額を増額したい時期です。


しかし、サラリーマンの給与では、それほど投資額は、増やせないですよね。


私自身、投資額を増やす事は、そうそう出来ません。


だからこそ、投資で資産を増やすには、支出をコントロールする「倹約」や、収入を増やす「副業」などが必要と考えてます。

 

と同時に、投資の勉強は、絶対に必要です!

 

大切な事なので、もう一回言います!

 

『投資の勉強は、絶対に必要です!!』

 

なぜなら、投資の勉強をしなければ、投資すべき時に、資金を入れなかったり、あろうころか、優良なインデックス・ファンドなどを、売却していまうという、愚かな行動をしてしまうからです。

 

私は「投資の勉強をしない、ほったらかし投資」は、『敗者のボロ負け敗走ゲーム』なりかねない考えています。

 

 

つみたてNISA口座

 
【運用期間 4年0ヶ月】

・今月積立額 33,333円
・累計積立額 1,218,990円
・評価金額 1,574,308円
・評価損益額 +355,318円
 (評価損益率 +29.15%)
・10月損益額 +114,185円
・10月損益率 +9.37%
 (今月の損益/累計投資額)
・年初来の損益率 +5.02%
 (年初来の損益/累計投資額)

つみたてNISA運用実績


累計の損益率は、一時期40%近くありましたが、現状25~30%くらいで推移しています。

長期的には、S&P500の過去のデータから、いずれ10%を割り込み、6~7%位で落ち着いてくる見込みです。

とは言え、累計の積立金額が増えてくると、金額ベースでのリターンは、大きくなるでしょう。

つみたてNISAのポートフォリオと今後について

今月も「iFree S&P500」に、33,333円、全額積み立てました。

以前は、単なる「定額積立」で、33,333円を、毎月、自分が投資したい銘柄を買っていましたが、現状は、投資方針に従い「ドルコスト平均法」で、定額で同じ銘柄を積み立てています

長期目線で、米国経済の発展に期待し「つみたてNISA」は、当面S&P500」のみに積み立てる方針です。

運用は、S&P500日経225新興国株、8資産バランスの4銘柄。

つみたてNISAの運用先は大和証券で、全て「iFree」シリーズ。

手数料は、S&P500が0.2475%、日経225が0.154%、新興国株0.374%、8資産バランス0.242%で、激安の部類ではありません。

 

ワンポイント!

これから、ネット証券で「つみたてNISA」や「iDeCo」を始めるなら、「SBI証券」「マネックス証券」「楽天証券」で

 

・「SBI V S&P500(手数料0.0938%)」

 

・「e MAXIS Slim S&P500(手数料0.0968%)」

 

・「SBI V 全世界株式(手数料0.1102%)」

 

・「e MAXIS Slim 全世界株式(愛称:オルカン)(手数料0.1144%)」

 

で積み立てるのが、実績も十分あり、手数料業界最安値でいいと思います。

『資産形成で、ベストな投資信託4選』 - 『タクドラたみ』

上の4本は、10万円運用時でも年間約100円なので超優良です!

私の運用する「iFree S&P500」は、その4本のファンドに見劣りしますが、10万円運用しても手数料は年間約250円なので、優良なファンドです。

 

しかし、私の場合、運用額が150万円くらいなので、年間コストは約3,500円。

運用額が大きくなるにつれ、コストも上昇しています。

 

上述した投資信託たちは、優良なファンドとは言え、運用額の大きい投資家の多くが、特定口座などの課税口座の場合、投資信託ではなくETF(年間コスト0.03%の「VOO」)などを推すのも分かる気がします。

 

※下の表の「タクドラたみの手数料基準」は、超重要なので、この記事では載せ続けます!

f:id:tihouno-takudora:20220320134722p:plain

コストの高いファンドの中にも、短中期的な投資では、コストが、気にならないくらいの高いリターンが期待できる優良ファンドもあります。

しかし、超長期運用の場合、高い手数料が、大きな足かせになることは、否めないと感じています。

 

iDeCo口座

 

【運用期間 2年8ヶ月】

・今月積立額 23,000円
・累計積立額 736,000円
・評価金額 889,241円
・評価損益額 +153,241円
 (評価損益率 +20.82%)
・10月損益額 +66,053円
・10月損益率 +8.97%
 (今月の損益/累計投資額)
・年初来の損益率 +3.30%
 (年初来の損益/累計投資額)

iDeCo運用実績

現状、iDeCoは「海外株式」中心に運用していますが、以前は、バランスファンド中心に積み立ててました。

将来「米国株」と「海外株式」のリターンは、どちらがよくなるのかは分かりませんが、より広く分散された「海外株式」の方が、リスクは小さいです。

しかし「海外株式」の約60%は米国株なので、米国株の影響は大きいです。

 

米国では、もうしばらく、長期金利の上昇に伴い、債券価格は下落するでしょう。

また、景気後退局面に向かっているため、リートへの投資もイマイチと思われます。

債券ファンドや、債券やリートを多く含むバランスファンドは、当面、苦戦すると、私は考えています。

iDeCoのポートフォリオと今後について

今月も「海外株式」に、23,000円全額積み立てました。

「iDeCo」は、当面海外株式のみに積み立てる方針です。

超長期的な視点で、世界人口の増加と、日本の人口減少の観点からです。

iDeCoは、つみたてNISAと違い、スイッチングが可能な点が、大きなメリットです。

世界の状況や、私の考えが変われば、投資先を変えればいいので、気楽に投資しています。

 

私の「つみたてNISA」と「iDeCo」口座での運用は、こんな感じでしたが、株式投資全体については、下のリンクを参照ください。

2022年10月末 株式投資運用実績 - 『タクドラたみ』

 

最後に(タクドラのたみの思い)

 

・今回も、最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。

 

・このブログは「年収300万円で、老後資金2,000万円を作ろう!」をコンセプトにしています。

 

・将来に希望を持ち、学び、努力することで、目標は必ず達成できると考えてます。

 

投資のスタイルは、人それぞれで、選ぶ証券会社や、投資先も、違っていて当然です

また、同じ人でも、市場の状況や、年齢、年収、資金力、家族構成が変化するので、投資スタイルは変わってくると思います。

 

・この記事が、投資のヒントになれば嬉しいです。

 

・質問、感想、ご意見、ご要望、そして、批評(酷評歓迎です)などあれば、コメントお願い致します。

 

 

【「Twitter」もしています】

(いいねとフォロー、お願いします!)

タクドラたみ@米国株などで老後資金2,000万円に挑戦中 (@DanntiTami) | Twitter

twitter.com

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村


米国株ランキング

 

【タクドラたみのおすすめ証券口座】

『SBI証券』『マネックス証券』の

⇩口座開設はこちらをタップ⇩

SBI証券

マネックス証券_投信つみたて

 

【タクドラたみが影響を受けた本】

『資産運用の常識を変えた伝説の一冊!』