『タクドラたみ』

『年収300万円『米国株投資』で老後資金2,000万円に挑戦!と時々『新潟お出かけ散歩』『ベランダ菜園』

2022年4月 米国株 注目銘柄(後半戦)

SBI証券

f:id:tihouno-takudora:20220306130822j:plain

マネックス証券_米国株訴求

 

こんにちは!タクドラたみです♪ 

インフレや利上げ、ウクライナ情勢などで、混沌とした株式市場が続いています。

 

4月9日時点で『S&P500』は、年初来▲6.43%です。

 

2月末時点の、4373.94から、4488.28と、+2.61%戻してはいるものの、依然、厳しい状況す。

 

とは言え、この記事が気になる方は、おそらく、S&P500などの指数より、高いパフォーマンスを出したいと思ってられると思います。

 

私自身、ぶっちゃけ、S&P500より、高いパフォーマンスを、目指しています!

 

もし、よろしければ、年初来、S&P500に対し、10%以上のリターンを出している、私が目を付けている注目株を、覗いて見て下さい。

 

全て、保有銘柄です!

 

株式市場は、パッとしない状況ですが、それでも、株価を上昇させている銘柄もあります。

 

今回は、その後半戦として、コモディティ関連4銘柄を紹介します。

 

私の、ポートフォリオは、以下の記事に書いています。

2022年3月末 米国株運用実績 - 『タクドラたみ』

 

マネックス証券

 

⓵ シェブロン(CVX)

f:id:tihouno-takudora:20220409222210j:plain

Bloomberg より引用

シェブロンは、エクソンモービルと並んで、原油株のツートップ的存在です!

不況時に強いのが、エネルギーセクターです。

とは言え、世界のトレンドは、原油から、再生可能エネルギーへとシフトしつつあります。

しかし、現状、私たちの生活や文明にとって、原油が必要不可欠な資源というのは、今般の、世界情勢で、身に染みた周知の事実です。

f:id:tihouno-takudora:20220409223608j:plain

グーグル検索より

年初来、40%の株価上昇をしながら、配当利回りは3%を上回っている、高配当銘柄です。

ただ、私は、値動きが大きいことや、超長期的目線で、原油株は、短期的なトレード銘柄と位置付けています。

POINT

私は、3月後半頃、段階的に全ての原油株を、売却し利食いしました。

しかし、チャートは、前回の高値を抜けてきそうな勢いです。

そこで、再び、段階的な買い出動を始めました。

そして、また利が乗ったら売却する作戦です!

とは言え、株価が下がれば、躊躇なく売ります。

超大型株です。

よほどのことがあれば、ニュースで報道されるので、1日に1回か、2日に1回くらい、株価をチェックするだけで、十分、対応できると思います。

一攫千金を狙うなら、CFDを利用するのも作戦ですが、私には、千里眼がないので、そこまでのリスクは取らない方針です。

② アーチャー ダニエルズ ミッドランド(ADM)

f:id:tihouno-takudora:20220410100255j:plain

Bloomberg より引用

アーチャー ダニエルズ ミッドランドは、米国の穀物メジャー最王手です。

穀物価格上昇の理由は、重機を動かす原油高による生産コストの上昇や、輸送コストの上昇、ウクライナ情勢の問題などが上げられます。

f:id:tihouno-takudora:20220410101534j:plain

グーグル検索より

直近1年のチャートを確認すると、インフレが深刻になってきた、昨年の秋頃から、株価は急騰し始めました。

直近半年で、48.90%の上昇。

年初来、40.30%の上昇です。

今後の、原油価格やインフレの進行を注視しながら、株価を見ていきたいです。

これだけ、株価が急騰したので、どこかのタイミングで急落が、あるかもしれません。

その時が来れば、私は、一度、利益確定する予定です。

しかし、原油株と違い、そもそも、長期投資として保有していた銘柄です。

人間は、食べなければ、生きていけません。

小麦だけでなく、家畜の飼料の需要は、世界人口の増加とともに、増えていきます。

この銘柄は、仮に、売却しても、いずれ買い戻す銘柄です。

③ GLDM(金ETF)

GLDMは、金ETFです。

手っ取り早く、金投資するには、ETFが、便利です。

金ETFでは、GLDMと同じ、世界三大資産運用会社のステートストリートの、GLDもあります。

POINT①

GLDは、現状180ドルくらいですが、GLDMは、現状38ドルくらいで、投資しやすい金ETFです。

また、経費率もGLDの0.40%に対し、GLDMは、0.18%なので、個人投資家には、GLDMの方がいいと思います。

金価格は、ドルと逆相関関係にあります。

f:id:tihouno-takudora:20220410110933j:plain

「金価格が2倍3倍に上昇する可能性も」元ウォール街投資家の市場予測 | ゴールド投資 | ダイヤモンド・オンライン

https://diamond.jp/articles/-/260612 より引用

POINT②

米ドルが上げれば、金価格は下がり、

米ドルが下げれば、金価格は上がります。

GLDMは、設定日が2018年6月と5年もないため、チャートは、ほぼ同じように推移するGLDで確認します。

f:id:tihouno-takudora:20220410110547j:plain

グーグル検索より

現状、米ドルはインフレにより、価値が低下しています。

では、GLDの場合どのくらい、価格を上げるのかというと、

長期チャートで「カップ ウイズ ハンドル」を形成しているのが確認できます。

POINT③

このチャートの特徴は、

カップの取っ手部分が、前回の高値を抜けると、カップの底の深さ分、上昇する傾向があります。

つまり、GLDの場合だと、190ドルを抜けてくると、

カップの底が100ドルくらいなので、

90ドル分上昇し、280ドル近辺を目指す傾向にあるのです。

GLDMの場合に変換するなら、現状、38ドルくらいなので、56ドル付近を目指す可能性があります。

私の場合、投資の格言「アタマとシッポはくれてやれ」に従うので、そこそこ上がったら、段階的に売却していく方針です。

④ ニューモント マイニング(NEM)

f:id:tihouno-takudora:20220410114942j:plain

Bloomberg より引用
ニューモント マイニングは、産金会社で米最王手です。
金鉱株には、オペレーティング レバレッジが効きます。
私の、tweetを引用します。
POINT①
POINT②
レバレッジが効いているというのは、金価格上昇時、株価は、それ以上に上昇するということですが、
金価格が下落すれば、それ以上に株価は下落するので、注意が必要です。
また、株価は、未来の予測により変動するため、金価格が天井をつける前に、金鉱株は天井をつけ、値を下げるでしょう。

f:id:tihouno-takudora:20220409135628p:plain

最後に

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございす。

 

・今回は、コモディティ関連銘柄を4つ、紹介しましたが、いかかだったでしょうか?

 

・私は「老後資金作り」について「米国株」や「全世界株」を、つみたてNISAやiDeCoで運用し、コツコツ積み立てるのが、資産運用のコア戦略と考えています。

 

・定期預金感覚で、相場を全く気にしないで、積み立てできるのならいいのですが、ある程度、相場に興味を持っているのであれば、ドルコスト平均法でのインデックス投資だけでは、何もできなくストレスになるかもしれません。

 

・そこで、投資資金の20%を目安に、サテライト投資に回し、資産の最大化を目指しつつ、投資を楽しむのもいいと思います。

 

・また、個別株やテーマ別ETF投資をすることによって、より投資が学べるとも思っています。


この学んだ力は、きっと暴落局面や、急騰局面で、正しい判断と行動に、とても役立つと思ってます。

 

・ご意見、質問、ご要望、感想、そして批評(酷評歓迎です)などあれば、はてなブロブやTwitterで、コメントお願いします。

 

・投資スタイルは、人によって千差万別です。このブログが、少しでも、読まれた方の参考になれば嬉しいです。

マネックス証券 マネックス証券 iDeCo

よければポチッとお願いします!励みになります!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 

 

【過去の参考記事】

『タクドラたみの新潟お出かけ散歩』も頑張ってます。

こちらは、お金と違う意味で、人生を豊かにしています! 

『タクドラたみの新潟お出かけ散歩』 - 『タクドラたみ』

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村