『タクドラたみ』

『株式投資』(年収300万円で老後資金2,000万円に挑戦)と『新潟お出かけ散歩』(新潟の人気の観光&お出かけスポット紹介)などのブログ

2021年12月末の投資信託運用実績

f:id:tihouno-takudora:20220104154425j:plain

こんにちは!タクドラたみです♪

今回は、私が運用している投資信託の12月末までの運用実績を公開します!

私の場合、現状、米国の個別株がメインで、次が積立NISAとiDeCoの口座です。

そして、3つ目の柱として、一昨年の12月から、微々たる運用資金で投資信託の運用を特定口座でしています!

この投資信託の運用目的は、運用益を狙いたいのはもちろんですが、市場全体を見て色々なファンドを買ったり、複数の証券会社を使ったりという趣味と勉強の意味も含めています。

12月の売買(今回のポイント)

【売却】

ありませんでした。

【購入】

e MAXIS 米国リートインデックス」15,000円分追加購入のみです

●購入理由

①直近1年のパフォーマンスから

f:id:tihouno-takudora:20220104133324j:plain

https://emaxis.jp
三菱UFJ国債投信株式会社 より

このチャートから2021年1年間で、56.88%上昇しました。

下に添付した「S&P500」の直近1年の上昇率は、29.61%でした。

「e MAXIS 米国リートインデックス」は「S&P500」の2倍近く上昇しました

f:id:tihouno-takudora:20220104134326j:plain

Google検索より

②住宅価格指数から

米国は、インフレが高止まりしている状況で、しかも企業業績も好調です。

下のチャートの通り、順調に右肩上がりです。

f:id:tihouno-takudora:20220104135421j:plain

https://m.jp.investing.com
アメリカ 住宅価格指数 より

不動産は頻繁に、売買されませんし、賃貸でも家賃が月ごとに変わることもありません。

突然、家賃が上がったからといっても、急には引っ越しできないですよね(^^;)。

したがって、リートの値動きはマイルドになりやすいです。

今、リートは上昇していますが、これは株価の上昇についていっている感じです。

売却のタイミングは、株価が安定して値下がりしてから、リートの値下がりまでに1年くらいかかるので、読みやすいです!

つまり、景気が安定的に悪くなりだしてから、住宅価格はそれよりも遅れて値下がりするので、売却のタイミングは、しっかり様子を見てからでいいという事です。

今は、米国の株価は上昇局面なので、安心して買うことができます

リートについては、以下の記事を参考にしてください。

【目次】

12月末までの運用実績

f:id:tihouno-takudora:20220104144931p:plain

12月は、米国のバリュー株中心に大きく値を上げました。

私の保有する米国個別株でも、VISA13.96%、コカ・コーラ13.21%、P&G11.73%、マクドナルド9.78%、J&J8.22%、アップル7.77%、そして、アッビィにいたっては16.81%と驚異的な上昇をみせました。

気になる、不動産ETFのXLREも8.52%上昇しました。

詳しくは、下の記事を見てください。

私の調べでは12月度S&P500+4.36%ダウ平均+5.38%日経平均+3.49%に対し、私の運用実績は+5.20%と好調でした。

中期的には、インフレのトレンドと、金融相場から業績相場への移行期間で、悩ましい状況が、しばらく続くのかなぁ~...との見方です。

しかし長期的には、人類の人口増などによる経済成長は進み、全体としての株価は上昇すると見込んでいます。

そんな中、私たちの株式との付き合い方は、爆速で稼ぐには、短期売買を中心としたトレードが必要不可欠と考えます。しかし、資産形成のための株式運用は、稼ぐという要素が少ないので、定期預金感覚で積立していくのがベストかなぁ~とも思っています。

f:id:tihouno-takudora:20220104150949p:plain

運用証券会社

・マネックス証券

・楽天証券

・SBI証券

・paypay銀行

私は、積立NISAに33,333円/月と、iDeCoに23,000円/月を、かろうじて捻出してるのが現状です。

投資信託を運用している口座に入金する資金が厳しい状況で、限りなくポイント投資に近い状態です(^^;)。

ですが、投資信託をすることで、様々な証券口座を使える事は、大きなメリットです。

1月以降のタクドラたみ

2022年も、しばらく、好調な相場が続き、単発での購入が難しい状態が続きそうなので、先月、クレジットカードでの積立投資信託の申し込みをしました。

私は、ネットリテラシーが相当低く、自信が全くない上に、資金もほぼないため、差し当たり、1,000円で「SBI V S&P500」をSBI証券で申し込みしました。今月から運用スタートになります。

運用18銘柄

f:id:tihouno-takudora:20220104152146p:plain

11月末時点で「e MAXIS 米国リートインデックス」は、25.04%のリターンでしたが、12月、今まで7,000円の投資額に対し、15,000円分の上乗せをしたため、リターンが11.33%まで下がりました(^^;)

※運用開始時期や買い増し期間がまちまちですが、赤字で書いた7本のファンドは実質的な運用実績がいいです!

「eMAXIS Slim S&P500」は、9月ドーンと買ったので(10,000円に過ぎませんが(^^;))、利益率は高くはないですが、実際は「e MAXIS 米国リートインデックス」と並んでのツートップです。

11月末12月末のアセットアロケーション比較

f:id:tihouno-takudora:20211208143140p:plain

11月末アセットアロケーション

f:id:tihouno-takudora:20220104153040p:plain

12月末アセットアロケーション

f:id:tihouno-takudora:20211208143334p:plain

f:id:tihouno-takudora:20220104153238p:plain

 

f:id:tihouno-takudora:20211208151153p:plain

f:id:tihouno-takudora:20220104153323p:plain


「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)」は、私の気持ちの事情で債券に分類しました。

f:id:tihouno-takudora:20220104154434j:plain

まとめ

米国個別株中心に投資している私ですが、勉強のためと思い、特定口座(確定申告不要口座)で投資信託を始め1年が経過しました。やってみると、面白いし勉強にもなります(^.^)♪

常々偉そうな事ほざいている私ですが、投資への入金額は少額です。しかし、私のような投資信託にうとい方は、1口1,000円とか、月数千円から、始めるのがいいと思います。

それは、投資額が少ないうちに、少しずつ勉強していけばいいと考えているからです。

投資にはリスクがあります。特に株式はハイリスク、ハイリターンなので、精神的許容度と、知識がついてきた段階で、徐々に投資額を上げていけばいいのでは…と思っています。

株式がハイリス、クハイリターンという理由は、下の記事で解説しています!

最後に

・今回も、最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

・投資信託は個別株に比べ、やりやすいと思います。

記事を読まれて、投資に興味を持たれた方は、超メジャーな「タクドラたみの18銘柄」を参考に、投資を始めてもいいかと思います!

・質問、感想、ご意見、ご要望、そして、批評(酷評歓迎です)などあれば、はてなブログやTwitterで、コメントお願い致します。

【過去の参考記事】

●12月末の、積立NISA、iDeCoの実績はこちらです。

よければポチッとお願いします!励みになります!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 

『タクドラたみの新潟お出かけ散歩』も頑張ってます!こちらは、お金と違う意味で、人生を豊かにするヒントが見つかるかも知れません(^.^)♪ 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村