『タクドラたみ (株式投資と新潟お出かけ散歩など)』

⚽アルビ好き「タクドラたみ」の『株式投資』と『新潟お出かけ散歩』と『ベランダ菜園』ブログ

米国株、中・長期予測

f:id:tihouno-takudora:20210325141656j:plain

みなとぴあ(新潟市歴史博物館)

こんにちは!タクドラのたみです♪

今回の内容は、やや中級者向けですが、私が予測する米国株の、中・長期予測の一部と私の行動です。理論立てて解説するとともに、出来るだけ分かりやすい内容にするつもりですので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

 【目次】

1.米国の現況と今後の経済

では、早速ですが本題です。

米国ではコロナワクチン接種が進み、現在30%以上の接種率で、夏前には60%に届きそうな勢いです。これにより集団免疫ができますので、米国ではアフターコロナの段階へと移行していくと思われます。

そして、経済活動は順調に回復していくでしょう。

景気が上がればFRBFRB=米国の中央銀行←正確な表現ではありませんが…)は次の2つの事をします

金利の引き上げ(2023年末頃までは、金利の引き上げはしないようです)。

ドル紙幣の大量発行を止める(このまま、ドル紙幣を発行し続けると、他国の通貨や金などのコモディティ(商品)に対して、過剰供給となりドルの暴落を招き、米国経済の崩壊になりかねない)。

 

2.金利が上がると株価はどうなるのか?

では、金利が上がるとどうなるのでしょうか?

通常株価は下落します

何故なら、企業はお金を借りにくくなり、設備投資などがしにくくなります。それは、利益を上げにくくなるなどの要因になるからです。(詳しくは、私の過去の記事を見てみてください。)

『金利と株・債券の関係』 - tami (hatenablog.com)

 ただし、銀行株は別で株価は上がりやすくなります。銀行はお金を貸し利息を得ることで稼いでいるので、金利(利息)が高い方が儲かるからです。

因みに、私は、それを踏まえ、銀行株の「バンク・オブ・アメリカ」を買ってました!

ただ、下のようなチャートなので、買い増しのタイミングが難しいです(^^;)。

f:id:tihouno-takudora:20210325121235j:plain

Yahoo!ファイナンスより

 

3.金利が上がると債券価格はどうなるのか?

債券も金利を上げると値を下げます

(この理由についても、上にリンクを貼った記事を参考にしてください。)

しかし、現状は金利を引き下げてますが、債券価格は下落しています。

その理由は

①現状、株がバブル相場に入ってしまったので、投資資金がボラティリティ(値動き変動率)の小さい債券から、ボラティリティの大きい株式に流入しているからです。

そりゃぁ~、値を下げてる債券なんかより、値動き大きく、どんどん値を上げている株式の方が、人気になりますよね

②さらに、長期金利の上昇も債券価格を引き下げの要因になりました。(この理由については、下の私の記事で詳しく解説しています。)

『債券価格 何で変わるの?』 - tami (hatenablog.com)

 

この状況で、私がどう動いたかは、上級者の方なら、もうお分かりですよね。

債券を、絶好の買い場として買っているのです!昨夜も、AGG(米国総合債券ETF)を買い増しました!

f:id:tihouno-takudora:20210325132853j:plain

「AGG」 Yahoo!ファイナンスより

※なぜ、そうしたかと言うと、長期的にはコロナは収束します

コロナの収束により、経済活動は活性化します

経済活動の活性化が軌道に乗ると、FRBは金利を引き上げます

金利の引き上げは、PER(株価収益率)が高く「割高」になっている、ハイテク株を多く含むグロース株(成長株)が、売られやすくなります(この理由については、また別の記事で詳しく解説します(^^;))。

そういう状況になれば、投資家達は自分の資産を守るために、金や暗号通貨、債券など、株から別のものに資産を移し始めます

当然、債券にもその資金は流れてくると考えられますので、債券価格は上昇しやすくなります

 

※また、私が債券を買い始めているのには、別の理由もあります。

仮にバブルが崩壊し、株価が急落した際、債券はボラティリティが小さいので、リスクヘッジ(株のみの投資だと資産価値が一方的に下がるので、そのリスクを防ぐ)になるからです。

f:id:tihouno-takudora:20210325141711j:plain

湊稲荷神社の高麗犬(こまいぬ)

4.まとめ

・コロナ収束で、米国経済は回復し、金利が上がる!

・金利の上昇は、株価下落の要因ですが、銀行株にとっては追い風!

・金利の引き下げは、債券価格が上昇の要因ですが、株バブルのなどの影響で債券は、値を下げているので買い時になっている!

以上が、今回の内容のまとめで、私の行動も合わせて書きました。

 

【最後に】

・今回も、最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。

・米国では、コロナ収束の見通しが、ある程度立ってきました。それは株式市場のトレンドが変化してくることを意味しています。私は、今回の記事のような予測を立て、行動に移してます。みなさんは、どうでしょうか?

・とある中国人から教わった、中国の言い伝えを一つ紹介します。「世の中では変わらないものは一つしかありません。それは変化し続けるという事だけです!」

・そう考えると、現状維持で何もしないことこそ、最大のリスクなのかも知れませんね。

・今回は、やや中級者向けでしたが、いかかだったでしょうか(^^;)? 質問、感想、ご意見、ご要望、そして、批評(酷評歓迎です)などあれば、はてなブログやTwitterで、コメントお願い致します。

 

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

 
タクドラたみのオススメする、毎日貯まるポイントサイト ECナビ